入社前はそれぞれメーカーやエンドユーザーの立場で仕事をしていた社員に
入社動機や今後の展望についてインタビューいたしました。

元メーカー系SE
メーカーでプロジェクトマネージャーとして培った、高レベルの経験や知見を活かし
現在参画している日本有数のメーカー様からも絶大な信頼をいただいております。
Q1フィジオへ入社する前はどのようなお仕事をされていましたか?
A某コンピュータメーカーのソフトウェア開発子会社に17年勤務していました。
8年ほど汎用コンピュータの技術的支援、運用支援を担当し、その後9年間、自治体様向けの、住民記録、印鑑、戸籍、介護保険等の業務システムの導入、保守を担当しました。
自治体担当時は主にプロジェクト管理がメインで、一部、開発も担当していました。
Q2フィジオへ入社して良かったこと、
また、今後はフィジオでどのようなことを実現しようと考えていらっしゃいますか?
A入社して良かったこととしては、社員自らが主体となって会社を変えることができる点です。
実際、フィジオの社員一人一人は、いつも会社の中心にいて、会社や上司に対して忌憚なく意見を言う事ができます。
フィジオの持つ高い業務ノウハウをさらに磨きあげ、業界1の業務ノウハウ企業と呼ばれるべく、真にお客様から信頼され、喜ばれる会社にしていきたいと考えています。

元自治体職員
前職での市民サービスへの熱意ある取り組みが、自治体事務運用ノウハウという希少価値として、現在参画している日本有数のメーカー様から高い評価をいただいております。
Q1フィジオへ入社する前はどのようなお仕事をされていましたか?
A出身地(北海道内)の地方自治体職員として約10年間在籍し、税務、総務、産業、保育と、
色々な自治体事務を担当して参りました。
私が職員をしていた地方自治体に於いても、各種の自治体向けシステムを導入しており、ご担当いただいていた業務SEの方々と接する機会が徐々に多くなり、次第にSEの仕事に興味を持つようになり、SEの道を目指した次第です。
Q2フィジオへ入社して良かったこと、
また、今後はフィジオでどのようなことを実現しようと考えていらっしゃいますか?
A今までの経験を十分に活かせる仕事であり、各地の様々なプロジェクトに参画することができ、知識の幅を広げるチャンスが数多くあることです。
私は、エンドユーザとSE両方の立場を経験したことが自分の強みであると感じており、
両方の観点からアプローチしたシステム構築や業務運用方法について考え、お客様にお喜びいただけるサービスやソリューションを、実現して行きたいと考えております。
元販社系SE
前職は販社系SEとして、エンドユーザーと多くの場面を経験。
その柔軟な対応力が現在参画しているメーカー様でのエンドユーザー様との折衝等においても高いレベルでの貢献を呈し、非常に高い信頼をいただいております。
Q1フィジオへ入社する前はどのようなお仕事をされていましたか?
A某大手メーカー様系列の販売店で自治体業務のSEの仕事や営業支援活動を行って参りました。
提案活動から、要件定義・導入作業、導入後の運用支援までの一連の作業フェーズを担当して参りました。
また、住民情報から財務会計、人事給与、健康管理、工事監理(契約検査)等々、数々の業務を担当して参りましたので、幅広い業務知識を有していると自負しております。
近年は主にプロジェクトリーダーとして後輩の指導や協力会社要員の管理、お客様との交渉ごとを、主な担当として務めて参りました。
Q2フィジオへ入社して良かったこと、
また、今後はフィジオでどのようなことを実現しようと考えていらっしゃいますか?
A前職では千葉県での活動が主でしたが、各地のプロジェクトに参画することが出来て見聞が広がります。
また、同じメーカー・ディラー様系列のシステムではなく、各メーカー・ディーラー様の多くのシステムの考え方等を知る事で、それぞれの長所、短所が見え、とても面白く感じています。
前職での提案活動や営業支援の経験を生かした仕事にも目を向けて、自分たちが活動できる場を増やせる様な仕事を行い、フィジオの優秀な人材をもっと広くお客様へアピールし、誰よりも会社の発展に貢献したいと考えています。
元マルチベンダー系SE
20年の長きにわたる総合福祉に対する深い知識・経験・業務ノウハウと、
様々なプロジェクトを経験したことによる粘り強いプロジェクトマネジメント姿勢が
お客様から信頼をいただいております。
Q1フィジオへ入社する前はどのようなお仕事をされていましたか?
A独立系マルチベンダーで主に総合福祉自社パッケージの開発・導入を担当していました。
特に障害福祉、福祉医療の分野では中核市・政令指定都市への開発・導入にPLとして携わりました。
自社パッケージを中核市・政令指定都市対応にバージョンアップする開発・導入を直接お客様とタイアップしながら進めることができ、貴重な経験をさせていただきました。
入社当時は、国民年金、福祉医療のホスト運用・開発に始まり、健康管理・高齢者福祉・障害者福祉・福祉医療等様々な業務のスクラッチ開発導入も豊富に経験いたしました。
Q2フィジオへ入社して良かったこと、
また、今後はフィジオでどのようなことを実現しようと考えていらっしゃいますか?
Aフィジオに入社して、まず感じたことは、社の掲げるITプロフェッショナル化はまだ成長途上であると感じました。
相当のスキルを持った人員が数多く在籍しておられますが、力をうまく出し切れていない実態と、過去の苦い経験に縛られていてそれを糧にできていない部分が多いと感じました。逆に、コンセンサスが伴えば何倍もの力を発揮できるプロフェッショナルの集団だとも感じました。
私自身まだまだ力不足ですが、その様な部分を改善し、より良き組織作りの先導者になり、益々フィジオを社会的にアピールできる企業にしたいと考えています。
COPYRIGHT Figeo CO.LTD ALL RIGHTS RESERVED